dataSamplr

IoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」について

「dataSamplr *1」は、Wi-SUNデバイスだけでなく、あらゆるデバイスをつなぐM2M/IoT用の汎用プラットフォームサービスです。
デバイス(マシン)の管理と、デバイスやそのデバイス配下のセンサ等で発生したデータ管理を行うことが出来ます。

*1 dataSamplrは国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)から技術移転を受けてプロダクト化したサービスになります。
(NICT様「M2Mクラウド基盤」互換インターフェースで提供)

主な特徴

あらゆるモノをつなぐ

  • デバイス非依存のHTTPベースのインターフェースを採用
  • プロトコルコンバータにより、標準インターフェースが導入できないデバイスやネットワークにも柔軟に対応が可能。

低コスト・安全・安心 なシステム構成

  • 低予算・小規模構成向けにも、スモールスタート用のサービスをご用意。
    月1万円~ dataSamplrのすべてテクノロジーが利用可能。
  • 冗長化、スケールアウト可能な、センサデータの増加や障害に強いシステム構成を採用。
  • 国内自社開発により、柔軟性の高いカスタマイズが可能。
  • OEM提供、クラウドサービス提供、プライベートクラウドサービス提供、海外利用など、様々な提供方法に対応。

ビッグデータ処理

  • センサデータをビッグデータ対応ストレージに保管。
  • バッチ処理による集計処理だけでなく、リアルタイムに集計やしきい値判定を行う処理基盤(CEP*2)の提供。
  • 標準提供している処理以外にも、用途に応じたカスタマイズが可能。

*2 Complex Event Processing(複合イベント処理)の略。
時系列データをメモリ上で直ぐに処理し、リアルタイムに分析するビッグデータ処理基盤

すぐに使えるアプリケーション

  • REST形式のアプリケーション開発用のAPIを提供。APIを使い自由度の高いアプリケーションの開発が可能
  • APIだけでなく、直ぐに公開可能な、ノンプログラミングツールの提供。

M2M/IoT分野におけるdataSamplrの立ち位置