ISBのIoT/M2Mソリューションサイトをオープン

2015/05/12

株式会社アイ・エス・ビー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:若尾逸雄、以下アイ・エス・ビー)は、このたび、弊社が行っている IoT/M2M ソリューション※1※2に関するウェブサイトをオープンしました。
弊社は、国立研究開発法人 情報通信研究機構(以下 NICT)が主導的に規格化を行ってきた「Wi-SUN」規格に準拠した通信プロトコルスタック研究開発に委託開発業者として参画し、「Wi-SUN アライアンス」※3にも設立当初より加盟、規格の選定に貢献致しました。同時に、Wi-SUN で構築されたセンサネットワークを集中管理する IoT/M2M プラットフォーム※4開発にも携わり、無線通信技術とクラウド技術を融合した効率的なIoT/M2M ネットワーク技術により、センサデバイスの開発からプラットフォームの提供までIoT/M2M のワンストップソリューションを提供しております。

主なコンテンツ概要

IoT/M2Mについて

「IoT」「M2M」というワードの簡単なご説明

ソリューション

アイ・エス・ビー が提供するIoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」のご紹介

デバイス

アイ・エス・ビー が提供するIoT/M2Mデバイス「Wi-SUNセンサノードシリーズ」のご紹介

Wi-SUN

アイ・エス・ビー が提供するIoT/M2M通信規格「Wi-SUNプロトコルスタック」のご紹介

今後の展開

近日、ビジネスパートナー情報の掲載を予定しております。
また、IoT/M2Mソリューションに関する最新情報は随時、更新してまいります。




※1 IoT
Internet of Things(モノのインターネット)の略で、パソコンやサーバ等、従来からインターネットに接続されていたIT機器だけでなく、様々な“モノ”をインターネットへ接続し、相互通信や遠隔制御などを行う技術。

※2 M2M
Machine to Machineの略で、人間の介在なしに、機械(デバイス)同士が何らかの通信技術を使ってコミュニケーションを取りながら動作するシステム。

※3 Wi-SUN アライアンス
スマート・ユーティリティー・ネットワークの製品および技術に従事する主要企業グループが、遠隔地からのワイアレス・スマートグリッドデバイスと家電製品との通信を向上する相互接続規格の認証および推進をサポートするために2012年1月に創立。Wi-SUN アライアンスは、低電力消費のスマートメーターと遠隔無線センサー・ネットワークの互換性を保証する手段の一つとして、バッテリー駆動装置の無線通信向けに新設定された IEEE802.15.4g 規格と、同規格がサポートする MAC レイヤー・プロトコルをサポートする。

※4 IoT/M2Mプラットフォーム
IoT/M2Mのシステム内で、デバイスやデータの集中管理を行うシステム。

Wi-SUN はWi-SUN Alliance の登録商標である。 このプレスリリースに登場するすべての製品およびサービスはそれぞれの所有者の商標ないしは登録商標で ある。

◆本記事に対するお問い合せ先:
(株)アイ・エス・ビー  経理部
TEL 03-3490-1761(代)、FAX 03-3490-7718
E-Mail: ml-isb-info@isb.co.jp
Web:  http://www.isb.co.jp/
※その他の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
※「dataSamplr」は弊社の登録商標です。
※記載された内容は2015年05月現在のものです。

記事の掲載をご検討頂ければ幸いです。