IoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」がサン電子「Rooster GX」に対応

2015/07/01

株式会社アイ・エス・ビー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:若尾逸雄、以下アイ・エス・ビー)は、
このたび、当社のクラウドサービスであるIoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」を、サン電子株式会社(愛知県江南市、代表取締役社長山口正則、以下「サン電子」)の超小型M2Mリナックスゲートウェイ「Rooster GX」に対応いたしました。
 
サン電子「Rooster GX」にWi-SUNコーディネータ機能及び「dataSamplr」接続インターフェースを組み込み、収集した情報を「dataSamplr」へ送信、ブラウザでリアルタイムに情報を閲覧可能なシステムを構築いたしました。
Wi-SUNの特徴である低消費電力、長距離通信(見通し500m程度)、障害物に強い(回折性)、メッシュネットワーク機能を備えており、広範囲なエリアをワイヤレスで電源不要(電池駆動センサ)で計測可能であり、様々な分野への転用が期待されております。
今回はWi-SUNセンサは消費電力量測定センサ(Echonet Liteフォーマット)、GPS搭載3軸加速度センサ、温湿度+明るさセンサの3つのセンサの同時計測に対応いたしました。

◆本記事に対するお問い合せ先:
(株)アイ・エス・ビー  経理部
TEL 03-3490-1761(代)、FAX 03-3490-7718
E-Mail: ml-isb-info@isb.co.jp
Web:  http://m2m.isb.co.jp/
関連Web: サン電子株式会社 ( http://www.sun-denshi.co.jp/sc/ )
※その他の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
※「dataSamplr」は弊社の登録商標です。
※「Rooster」はサン電子株式会社の登録商標です。
※記載された内容は2015年6月現在のものです。