ISB ROHM

ISBとROHMにて共同開発した
Enhanced HAN対応モジュール(BP35C0-J11)が製品化されました。

当社はこのモジュールを活用し、IoTシステムの
実現に向けた
受託開発・コンサルティングサービスの提供を開始します。

Wi-SUN Enhanced HAN 対応無線モジュール BP35C0-J11

ISBのWi-SUNプロトコルスタック(※1)を搭載したWi-SUNモジュール「BP35C0-J11」が
製品化されました。

ローム株式会社のWi-SUNモジュール「BP35C0-J11」は、HEMS(※2)はもちろん、
各種センサとの組み合わせにより、オフィスビル/商業施設/工場などのIoT化を促進し、
状態監視によるメンテナンスコスト削減、データ分析に基づく環境改善等につなげる事が
可能となります。

  • (※1)「Wi-SUN Alliance」が規定する「Wi-SUN Enhanced HAN(Home Area Network)」並びに「Route B」に準拠。本プロトコルスタックは「国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)」から技術移転を受け開発し、一部、京都大学の著作権を使用しているソフトウェアです。
  • (※2)「Home Energy Management System」の略。家庭で使うエネルギー管理システム。

利用シーン

HEMS(Home Energy Management System)

HEMS(Home Energy Management System)

BEMS(Building Energy Management System)

BEMS(Building Energy Management System)

FEMS(Factory Energy Management System)

FEMS(Factory Energy Management System)

このモジュールの特長

無線通信距離を延長可能
中継機を介した1ホップリレー通信により、無線通信範囲を拡張できます。
電池駆動デバイスに最適化された省電力機能
省電力効果の高いスリーピングエンドデバイス動作モードを搭載しています。
また、ハードウェアのDeepSleepにも対応しています。
5つの動作モードを搭載し、様々な用途に利用可能
ファームウェアの書き換えをすることなく、1台のモジュールでEnhanced HANおよびBルートの
動作を行うことができます。
動作モード
  • Dual(Bルート+PANコーディネータ)
  • 親機(PANコーディネータ)
  • 中継機(コーディネータ)
  • 子機(エンドデバイス)
  • スリープ子機(スリーピングエンドデバイス)
スマートメーターとセンサの同時接続
Bルート(子機)、Enhanced HAN(親機)を同時に動作させることができます。
将来的な機能拡張に備えたアップデート機能を搭載
無線通信でのファームウェアアップデートができます。
堅牢なセキュリティ
PANA認証およびAES暗号化に対応しています。
免許不要で利用可能
920MHz帯の無線周波数を使用しています。
最大17台までの同時接続
1つのネットワークに最大17台のデバイスを接続することができます。
スマートメーター(B ルート)に接続する場合、最大ネットワーク構成はスマートメーター1台、
HANデバイス 16 台(内スリープエンドデバイスは各機器に 4 台まで)の合計 17 台です。
スマートメーター(B ルート)に接続しない場合は、HAN デバイスを 17 台まで接続可能です。

Wi-SUN Enhanced HAN プロトコルスタックの概要

プロトコルスタック構成

プロトコルスタック構成
  • (※1)FOTA(Firmware update Over The Air)アップデート機能
  • (※2)Protocol for carrying Authentication for Network Access

ISBにできること

  • Wi-SUN Alliance設立時から参画しているISBの
    豊富な経験と知識を活かし、最適なシステム構成をご提案します。
  • Wi-SUNを搭載したセンサ機器の設計支援からデバイス実装、
    システム検証まで広範なエンジニアリングに対応します。
お客様のニーズに合わせてご提案

リンク